人工知能を搭載した車載器を開発する ナウト(Nauto, Inc.)が日本に拠点を設立

ドイツ保険大手アリアンツのAllianz Ventures、自動車メーカートヨタのToyota Research Institute 、BMW iVentures などもナウトの成長とグローバル進出を後押しする。

東京を拠点とするNauto Japan GKは、道路の安全性を向上させ、人間の運転行動をよりよく理解するためのグローバルな拡大を目指しています

パロアルト、カリフォルニア州、6月 26, 2017 - 米国で安全でよりスマートな運転のために多数の業務用自動車に導入されている人工知能を搭載した車載器やデータプラットフォームを開発する自動車技術会社、ナウトが日本に進出する。日本の子会社Nauto Japanを指揮するために元トヨタ自動車の井田哲郎氏を起用。井田氏はナウトのパロアルト本社から東京に異動し、ナウト創業者でCEOのステファン・ヘック氏にリポートする。

ナウトの、人口知能と車内外をモニターするデュアルカメラを搭載した後付け出来る車載器は、脇見運転を検知し、ドライバーに有益なアドバイスを提供する等、高度な安全機能をあらゆる車両に搭載できる技術システム。Nauto Japanは日本市場における業務用自動車のための安全で効率的なソリューションとして、このシステムの展開を目指す。同社は現在日本で多数のフリート保有企業、物流、タクシー、バス、自動車リース会社と商談中である。また、米国でBMW、トヨタ、保険会社アリアンツグループと戦略的関係を結んだ実績にならい、保険業界との戦略的提携や複数の自動車メーカーにナウト情報プラットフォームを自動運転車両の研究開発に提供する為の契約を結ぶことを目指す。

Nautoの創業者兼CEOのStefan Heckは次のように語っています。「私たちは日本で私たちのために恵田哲郎のような有能で情熱的な人を迎え入れることに興奮しています。 「道路の安全性を改善することが急務です。加えて、日本は、世界中で最高のドライバーがどのようにふるまうかを正確に理解するための重要な市場です。将来的には自律走行技術の発展に向けた取り組みを開始するうえで役立つだろう」と語った。ナウト創業者・CEOのステファン・ヘック氏:「井田哲郎氏のように有能で情熱的な人物を日本のトップに迎えられたことを私たちは非常に喜ばしく思っている。道路での安全性を高めることは急務であり、日本は世界のなかでも優れたドライバーの運転行動を正しく理解するための重要な市場であるととらえている。日本に営業拠点を持つことは、今後我々が自動運転技術の開発を促進するのに役立つだろう。」

井田氏:「ナウトの安全な運転をサポートする技術を世界中に拡げるため、その一役が担えることを誇りに思う。日本の交通事故総合分析センターによると、携帯電話の画像目的での使用が原因の人対車両の交通事故は、死亡事故につながる確率が非使用時の約8倍ということだ。バン、バス、運送トラック、乗用車などすべてを運転するプロのドライバーの方々を支援することで、ナウトが北米と同様に日本でもより安全な運転環境の構築に貢献できると確信している。日本でフリートを保有・管理するすべての企業の方々にお会いするのを楽しみしている。」

井田哲郎氏は自動車とIT業界両方での経験を携えて2017年にパロアルトのナウト社に入社した。前職ではシリコンバレーを拠点とする自動車マーケットプレイスBeepiに在籍。トヨタでも日本とブラジルで8年間様々な職務を務めた。大阪大学で法学士、 カルフォルニア大学バークレー校のハース・スクール・オブ・ビジネスでMBAを取得。

ナウトのユニットが多くの会社で採用され、搭載された車両が走行距離を延ばすにつれて、そのネットワークはより精度を高め、人間の運転行動をより深く理解し、より価値の高い情報と安全機能を提供できるようになる。その結果得られた知見が業務用自動車の安全性と操作性を向上させるとともに人命を救い、事故における賠償責任や費用も軽減することができる。長期的にはナウトのデータプラットフォームが、人が運転する車両から自動運転車への移行や、両者の共存を促進する。

ナウトはそのサービスを利用するドライバー、そしてその車両の周辺環境から学習する。ナウトを搭載した業務用自動車は自動的かつリアルタイムに重要な出来事を撮影してアップロードできる。これにより、業務用車両運行管理者がドライバー全体のパフォーマンスを高め、全車両の安全性と効率性を強化することが可能となる。ナウトのリスクスコアリングシステムであるVERA (Vision Enhanced Risk Assessment: 視覚強化リスク評価)には脇見運転の頻度と深刻度についてのリスク評価が含まれる。

ナウト企業情報 ナウトはカリフォルニア州パロアルトを拠点とし、運転を安全にし、人工知能により車両をスマートにするAI搭載情報プラットフォームを保有する輸送技術会社。ナウトの自動制御車両ハードウェアは衝突を未然に防止し、ドライバーの運転行動を改善し、ネットワークで共有される多様な情報をもとに学習する。ナウトの戦略的パートナーにはアリアンツ保険、トヨタ、BMWなどがあり、Playground Global、 Draper Nexus、Index Venturesなどからも投資をうけている。ナウトでは、情報科学や機械学習分野の博士号取得者、世界的なエンジニア、保険や業務用自動車業界の専門家が協力して製品開発や専門事業用自動車や保険業界での展開を行っている。 ナウトについての詳しい情報は www.nauto.com、LinkedInやFacebook 、Twitterの @NautoDriver で取得できる。

ナウトは貴社に活用できそうですか?

ナウトへのお問い合わせ・デモ依頼はこちら

お問い合わせはこちら